リクルート「ゼクシィnet」、「パートナーを惚れ直した瞬間」事情に関するユーザーレポートを公開

株式会社リクルート

恋人から家族に一歩近づいた時、知らなかった長所が見えてくる

 リクルートの結婚&新生活情報総合サイト「ゼクシィnet」(http://zexy.net/)では、「パートナーを惚れ直した瞬間」事情に関するアンケートを実施しました。

◆好きな相手を惚れ直すのって、最高に幸せ

 「結婚を決めたあとで相手を惚れ直した瞬間があるか」に、イエスと答えた人は91%!約9割の人が、‘好きな相手をもっと好きになる’という幸せな瞬間を体験しています。「どんなシーンで惚れ直したか?」では、「ふたりで過ごすちょっとした瞬間」が1位(39%)。「仕事が忙しいとき、『無理してない? 体が心配だよ』と声をかけてくれる」(23歳・女性)、「イライラしているとき、『がんばろうよ!』と励ましてくれた」(23歳・女性)など、小さな気遣いの言葉に相手のやさしさを感じているようです。続いて、「結婚式の準備」、「お互いの家族に紹介するとき」が同率2位(18%)。結婚前の特別なシチュエーションで、相手の意外な長所を見つけたという経験談も多数ありました。

 「結婚を決めたあとで、相手のイヤなところに気づいたか?」では、イエスと答えた人が46%。欠点を発見したシーンで最も多いのは「結婚式の準備」で31%。「仕事が忙しいからと、準備を一緒にしてくれない」(26歳・女性)など、準備に非協力的なところに不満をもつ人が多いようです。2位は、「惚れ直した瞬間」では1位だった「ふたりで過ごすちょっとした時間」(29%)でした。結婚、新生活が目前に迫ってくると、その人の根っこにある性分が見えてくるのかも。結婚生活を楽しくやっていくためには、「ふたりで過ごすちょっとした瞬間」の感じ方がポイントのようです。

 「結婚が決まって相手の態度が変わった?」の質問では、「変わらない」という人が多数でした。「変わった」という人に内容を尋ねると、「私の意見を尊重してくれるようになった」(26歳・女性)、「今までより心を開いてくれるようになった」(31歳・女性)など、ふたりのコミュニケーションが深まったという声が多いようです。ほかにも、「ますますラブラブに」(34歳・女性)、「自分の健康に気を遣ってくれるようになった」(34歳・女性)など、いい方向に変わったという内容が圧倒的。また、結婚を決めた相手に対し、「この人に決めてよかった」という人は99%。優しさ、安心感、価値観など、決め手となるポイントはさまざま。たとえイヤなところを見つけてしまっても、欠点をひっくるめて「この人でよかった」と思っているようです。‘愛は人をやさしくする’のですね。


▼詳細は下記URLにてご覧ください。
http://www.zexy.net/mar/edit/honne/

===========================================================================
【本リリースに関するお問い合わせ】
https://www.recruit.jp/support/inquiry_press.html
===========================================================================

ニュースリリース情報提供元:
News2u.net( >> News2u.netリリース詳細へ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ページトップへ