リクルートのブライダル総研 Research News、結婚式に「仲人を立てた」カップルは0.8%

株式会社リクルート

2004年から1%前後で推移

 株式会社リクルートの調査・研究組織であるブライダル総研より、「ゼクシィ結婚トレンド調査2010」(2009年4月~2010年3月に挙式または披露宴を行った「ゼクシィ」読者全国7,748人が対象)からみえてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。

▼『仲人に関するレポート』の詳細は下記URLから
http://bridal-souken.net/research_news/2011/03/08-ea75.html

▼その他の『ブライダル総研リサーチニュース』はこちら
http://bridal-souken.net/research_news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『仲人に関するレポート』概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.「仲人を立てた人」は0.8%。2004年からは1%前後で推移
------------------------------------------------------------
 「ゼクシィ結婚トレンド調査2010 首都圏版」によると、挙式、披露宴・披露パーティに「仲人を立てた」カップルは0.8%。調査開始の1994年には63.9%いましたが、徐々に減少し、2004年以降1%前後を推移しています。

 他の地域をみても2010年は1%前後であり、地域差もあまり見られません。全国的に、仲人がいる結婚式は稀なものになったと言えます。

------------------------------------------------------------
2.仲人を立てなかった理由は「特に必要を感じなかったので」が87.7%
------------------------------------------------------------
 それでは、かつては当り前だった仲人を立てないのはなぜでしょうか。

 「仲人を立てなかったカップル」に?仲人を立てなかった理由?を聞いてみると「特に必要を感じなかったので」が87.7%で最も多い結果となりました。時系列を見ると、97年から6.9ptのみの上昇ですが、そもそも「仲人を立てなかった」カップルが増加しており、結婚式をしたカップルにおける仲人を「特に必要を感じなかった」割合は、とても増えていると言えます。

 また、「形式にこだわりたくなかったので」は17.4%「いろいろと面倒なので」は15.7%。どちらも減少傾向にあります。これは?形式?や?面倒?として意識する以上に、仲人の必要性を感じなくなってきているようです。

 しかし、カップルが結婚式の立会人を必要としなくなったわけではありません。最近の結婚式では、よりカップルに近しい人をゲストとして招く傾向にあります。2人の誓いを承認してもらう場として結婚式の存在は変わらず、ゲストにその役割をしてもらいたいと思っているようです。

▼『仲人に関するレポート』の詳細は下記URLから
http://bridal-souken.net/research_news/2011/03/08-ea75.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『リクルート ブライダル総研』とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのブライダルカンパニーに設置されている調査・研究組織です。結婚や結婚式に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。

▼『リクルート ブライダル総研』について
http://bridal-souken.net/

▼リクルートについて
http://www.recruit.co.jp

============================================================
【本リリースに関するお問い合わせ】
https://www.recruit.jp/support/inquiry_press.html
============================================================

ニュースリリース情報提供元:
News2u.net( >> News2u.netリリース詳細へ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ページトップへ