結婚を決めた理由の第1位は「相手と将来を生きたかったから」 [株式会社リクルート]

株式会社リクルート

~ブライダル総研 Research News『結婚トレンド調査2011』より~

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するブライダル総研より『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』(結婚前に首都圏に住んでいた『ゼクシィ』読者のうち、2010年4月~2011年3月に挙式もしくは披露宴・披露パーティを行った人、計1,024人を対象)からみえてきたカップルや結婚式の状況や特徴に関する分析をお伝えします。

▼『結婚を決めた理由に関するレポート』はこちら
http://bridal-souken.net/research_news/2011/10/1026.html

▼『結婚トレンド調査2011』はこちら
http://bridal-souken.net/souken/research.html

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
http://bridal-souken.net/research_news/

――――――――――――――――――――
1.結婚を決めた理由 1位「相手と将来を生きたかったから」
――――――――――――――――――――

秋の結婚式シーズンですが、カップルはどんな理由で結婚を決めているのでしょうか。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』で、2010年4月~2011年3月までに結婚したカップルに「結婚を決めた理由」を聞いてみました。

<結婚を決めた理由ランキング>
1位「相手と将来を生きたかったから」78.6%
2位「相手と一緒に生活をしたかったから」63.1%
3位「精神的に安らぎが得られるから」48.8%

この1位から3位は時系列で見ても、またエリアごとにも変わらない傾向です。
?一緒に生活?より?将来を生きる?と今より将来を見据えている結果となりました。

――――――――――――――――――――
2.「子どもなど家族が欲しかったから」が増加傾向
――――――――――――――――――――

一方で、時系列で変化が見られるのは4位にランクしている「子どもなど家族が欲しかったから」35.4%。2006年の調査では26.3%だったものが、上下をしながら増加傾向にあります。

4位「子どもなど家族が欲しかったから」
 2006年・・・26.3%
 2007年・・・27.5%
 2008年・・・31.9%
 2009年・・・33.1%
 2010年・・・30.8%
 2011年・・・35.4%

首都圏以外のエリアでも同様の傾向が言えます。

かつての?家と家の結婚?という考えは弱まっているものの、結婚は2人だけの決断ではなく、そこから生まれる?家族のはじまり?という思いがまた強まっていると言えそうです。

▼『結婚を決めた理由に関するレポート』はこちら
http://bridal-souken.net/research_news/2011/10/1026.html

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのブライダルカンパニーに設置されている調査・研究組織です。結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。出版・印刷物等へデータを転載する際には、?リクルート ブライダル総研調べ?と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
http://bridal-souken.net/

▼リクルートについて
http://www.recruit.co.jp

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
https://www.recruit.jp/form/inquiry_press.php
――――――――――――――――――――

ニュースリリース情報提供元:
News2u.net( >> News2u.netリリース詳細へ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ページトップへ