オンラインウエディングに関する意識調査第2弾を公開 
サークル・趣味関連グループの友人はオンライン参列を希望の傾向

株式会社エイトノット

オンライン参列システムを販売する株式会社エイトノット(中央区銀座)は、2022年9月に結婚式の一部にオンラインを取り入れたスタイルに関する調査を2つのターゲットグループで実施しました。第1弾の調査では、結婚式を実施する新婦の目線で、結婚式でのオンライン活用の認知、意向度、利用したいサービスなどが明らかになりました。今回、第2弾の調査では、参列者の目線から、オンラインでの結婚式参列の認知、認知イメージ、どんな状況でオンラインで参列したいか、などを伺い、招待される側の本音に迫ります。

【調査概要】
・調査対象 :16~79歳、男女、過去1回以上結婚式に参列経験のある方
・調査期間 :スクリーニング調査 2022年9月12日~15日
本調査 2022年9月16日~20日
・調査機関 :株式会社エイトノット
(インターネット調査:株式会社ジャストシステム「Fastask」)
・有効回答数:558


【調査トピックス】
◆オンラインウエディング(オンライン参列)を知っている人は全体の48.6%
◆オンライン参列のイメージは「新しい」「海外、遠方でも参加しやすい」
◆部活、サークル、趣味などのグループの友人は30%がオンライン参列を希望
◆オンライン参列で利用したいサービスは挙式・セレモニーのライブ配信
◆オンライン参列時のご祝儀想定は1~3万円未満が4割
◆オンライン参列の最適視聴時間は1時間未満が過半数

■オンラインウエディング(オンライン参列)を知っている人は全体の48.6%
オンラインウエディングの認知については、「知っていて説明できる」が14.7%、「説明できないが何となく知っている」が33.9%となり、何らかの形でも認知している人が48.6%と知らないと答えた45.2%をわずかに上回りました。属性別に見ると、20代の認知率が最も高く、66.6%、40代がもっとも低く35.1%と30ポイント以上の差がひらきました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_1.png
オンライン参列認知度

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_2.png
オンライン参列認知度年齢別

■オンライン参列のイメージは「新しい」「海外、遠方でも参加しやすい」
オンライン参列と聞いて思い浮かぶイメージは「新しい」が16.1%で最多、次いで「海外、遠方でも参加しやすい」(14.2%)、「とても便利」(9.5%)とポジティブなイメージが並びました。「ちゃんとしていない」、「失礼に感じる」「トラブルが多い」などのネガティブな回答はいずれも1~2%にとどまっています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_3.png
オンライン参列イメージ

■部活、サークル、趣味などのグループの友人は30%がオンライン参列を希望
新郎新婦との関係性によって、現地で参列したい、オンラインで参列したい、参列したくない、のいずれを選ぶかを聞いたところ、家族、親友ではそれぞれ72%、63.6%と現地で参列したい、がもっとも高く、結婚式にリアルで参加することの付加価値の高さをうかがわせました。一方で、部活、サークル、趣味などのグループの友人では、オンラインで参列したいがもっとも高く、30.5%となりました。また、しばらく会っていないが年賀状、SNS等でやり取りのある友人や、実際にあったことはないがSNSでつながっている友人などは参列したくない、が最も多いものの、オンラインで参列したいはそれぞれ27.2%、19.4%となり、オンラインを活用することで結婚式に招待する参列者の範囲が、今までよりも広がる可能性を示唆しています。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_4.png
関係性別結婚式参列意向度

■オンライン参列で利用したいサービスは挙式・セレモニーのライブ配信
オンライン参列であるとよいと思うサービスについて複数回答で伺ったところ、挙式・セレモニーのライブ配信(視聴のみ)が最も高く、37.1%となりました。第1回の新婦向けのアンケート調査では、挙式・セレモニーのライブ配信と、披露宴のライブ配信には4ポイント程度しか差はありませんでしたが、参列者側の調査では、挙式・セレモニーの方が16ポイントの差が生じ、披露宴よりも挙式・セレモニーを視聴したい、という参列者のニーズが伺えました。また、ライブ配信とアーカイブ視聴の差も16ポイントと開きがあり、離れていても、ライブで同じ時間を共有することに価値を感じているようです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_5.png
オンラインウエディング利用したいサービス

■ご祝儀の電子決済サービスを利用したい人は65.2%
オンライン参列する場合のご祝儀の電子決済サービスの利用について尋ねました。利用したい、状況によっては利用したいと答えた方の合計は65.2%となり利用したくない、の16.8%を大きく超えました。キャッシュレスサービスの浸透により、ご祝儀においても電子決済で支払うことへの抵抗はなくなってきているようです。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_6.png
ご祝儀電子決済利用意向

■オンライン参列時のご祝儀想定は1~3万円未満が4割
オンライン参列した際に、ご祝儀を電子決済するとしたら、いくら払いますか?という質問に対し、1万~3万円と答えた方が全体の40%となりました。現地で参列した場合に3万円払うとして、という前提条件を提示しているため、それよりは少し低めのご祝儀額を想定しているようです。5千円未満と答えた方も17%となり、カジュアルにお祝いの気持ちを表したい方も一定数いるようです。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_7.png
オンライン参列時のご祝儀額想定

■オンライン参列の最適視聴時間は1時間未満が過半数
オンライン参列における最適な視聴時間を聞いたところ、30分以内が15.8%、30分~1時間未満が36.9%となり、合わせると過半数の方が1時間未満の視聴がちょうどよいと答えています。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_8.png
オンライン参列時の最適時間

■オンライン参列において不安なことは「通信環境」と「マナーがわからないこと」
オンライン参列において不安なことを聞いたところ、通信環境が31%、マナーがわからないが30%となりました。まだまだ、オンラインで参列することは一般的ではなく、招待された側にも情報提供が必要なことがわかります。

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/334839/LL_img_334839_9.png
オンライン参列で不安なこと


【まとめ】
オンライン結婚式の参列について、認知率こそまだ48.6%と半数に届きませんが、認知イメージについては新しい、便利ととらえられ、新しい結婚式の参列スタイルとして受け入れられつつあります。また、参加意向度についても、新郎新婦との関係性がグループ単位での友人や、しばらく会っていない友人、また、顔を合わせたことのないSNSでのつながりの友人などでも20~30%程度の方がオンラインで参列したいと答えています。利用したいサービスは挙式・セレモニーのライブ配信で、披露宴・パーティの配信よりも有意な差が見られました。この傾向は、最適視聴時間にも表れ、過半数が1時間未満の視聴を希望しており、結婚式の通例から考えると披露宴の配信は視聴時間に課題があることが予想されます。
また、ご祝儀の電子決済については、キャッシュレスサービスの浸透からか6割以上の方が受容、もしくは積極的に活用したいニーズが見て取れました。第1回の調査と比較して、結婚式を行う側が考える以上に、オンライン参列は招待される側の受容度が高まっているといえるでしょう。

第一回オンラインウエディングに関する意識調査内容はこちら
https://sanlets.com/news/pressrelease_research1/


【挙式ライブ配信SanLet'sとは】
SanLet'sは挙式のライブ配信と3日間のアーカイブ動画視聴期間を通して、オンラインで参列いただくシステムです。挙式ライブ配信では、スタンプを押してお祝いの気持ちを表現したり、参列サイトよりメッセージやご祝儀を送ったりすることが可能です。専用のギフトサイトも備え、参列者から新郎新婦へギフトを贈れるほか、新郎新婦から参列者への内祝いを選ぶことも可能です。新郎新婦は初期費用無料で利用することができます。(一部機能において、利用料が発生します)式場は、既存オペレーションを大きく変更することなく、安価なランニングコストでシステムの導入が可能です。

SanLet's公式ホームページ https://sanlets.com/
オンラインウエディングに関する情報発信はこちら https://sanlets.com/column/

<SanLet's導入実績>
・軽井沢ホテルブレストンコート
・星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
・星野リゾート トマム 水の教会
・アクアグレイス・チャペル


【オンライン参列システムSanLet's導入についてのお問合せ】
本サービスは、挙式会場施設をお持ちのブライダル事業者様向けのシステム提供です。ご興味をお持ちの場合は、下記にお気軽にお問合せ下さい。

所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座1-11-1
URL : https://sanlets.com/business/
E-mail: info@sanlets.com


【株式会社エイトノットについて】
デジタルコネクトをビジョンに、デジタルソリューションにより冠婚葬祭のさらなる体験価値向上を目指します。挙式ライブ配信サービスSanLet'sは、2021年4月のサービス開始以来、累計4,000組を超える挙式ライブ配信実績があり、オンライン参列者数60,000人を達成しています。

ニュースリリース情報提供元:
@Press( >> @Pressリリース詳細へ

プラコレ ウェディング診断

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ページトップへ